子連れ防災講座シリーズ

子連れ防災講座
子連れ防災講座

3・11により、防災の考え方は、子どもの成長や環境によっても異なるものと考えさせられました。そこで「子連れ」を加味した防災にかかわる勉強会を開催しています。これまで「子連れ防災講座」や「子連れ応急手当講座 ーケガの手当てと事故防止編ー」を開催しています。今後も開催していく予定です。

 

 

【終了】子連れ応急手当講座 ~我が子の一刻を争う心肺蘇生編~

子どもが、いざという時は救急車を呼べば大丈夫? いえ! 救急隊、病院(医師)は我が子の命(脳)を守ってくれません。 救急隊に引き継ぐまでにいかに手当をするか。 それが、我が子のその後を大きく左右します。 ましてや災害時は、救急車が駆けつけて来ることさえ困難なはず! 
そこで、いざという時、我が子の命を救うため、 我が子に人工呼吸した経験を持つ講師の中村智子さんを迎え、 親として身につけておきたい緊急時の知識と心肺蘇生の技術を学びます。 ダミー人形を実技中心の講座になるため、今回は30名限定での開催になります。 

 

開催日時:11月19日(火)10:00~11:30

場  所:太子堂区民センター 第1会議室

     (東京都世田谷区太子堂1-14-20)

参  加 費:2000円(テキスト代・講師料)

 

ランチ懇親会:Restaurant愛と胃袋

(東京都世田谷区太子堂1-15-13 トキワヤビル1F)

ランチ懇親会会費:1,500円(税込)

 

◆講師紹介/中村智子さん【Tomoko Nakamura】

子ども専門のファーストエイドプログラム「L.S.F.A.-Chiledren's」認定講師

「次女が生後4ヵ月の時、RSウイルスによる風邪で咳&たんがひどく、ある朝、窒息で呼吸困難から呼吸停止に…。 救急車を待つ間、人工呼吸を数回行いました。幸い呼吸はすぐに回復し大事には至りませんでしたが、そのまま母子同室の緊急入院に。もし、あの時人工呼吸をしていなかったら、元気な我が子の姿は、今なかったかもしれません」。このスキルをひとりでも多くの方に、という信念で、かわいい子どもたちの命を守るために普及活動をしている。

 

 

【終了】子連れ応急手当講座 ~日常のケガの手当て&事故防止編~

人気の子連れ防災講座シリーズ、第2弾!

倒壊や火事が起きる都会型地震は、ケガややけどが多く想定されます。 また、乳児・小児の死因トップは「不慮の事故(先天性の障害をのぞく)」。 10代の死因も、障害と自殺をのぞけは、依然トップ! ということは、 我が子の「死」は、親や近くにいる大人によって防ぐことができるんです!  

 

ママ必須の応急手当のテクを、ママがママ目線で伝授!
そこで、我が子を災害や事故から守るための防災としての知識になるのはもちろんのこと、ママなら絶対覚えておきたい、日常から使える応急手当のテクを、我が子に人工呼吸した経験も持つママの中村智子さんを講師に迎え、事故事例から事故防止のポイント、ケガの手当ての実技を行います。 

 

むしろ、お子さま連れのほうがより学べる!
しかも、実技の際、止血のポイントなど我が子で実践して、よりリアルに学ぶことができますので、お子さま連れでの参加、歓迎です! いざという時に母親としてうろたえないために覚えておきたい技術です。ぜひ、この機会にご参加ください!

 

日 時:5月28日(火) 10:0011:30

場 所:太子堂区民センター 第1会議室

費 用:1800(テキスト代・講師料)

対 象:子連れママはもちろん、応急手当に関心のあるすべての方

 

 

 

【過去の開催】

2012年11月「子連れ防災講座」

2013年5月「子連れ応急手当講座 ーケガの手当てと事故防止編ー」

2013年11月「子連れ応急手当講座ー心肺蘇生編ー」